ホントのような嘘のような…。いつだって全力だった私は、"運命の人"をずっと探していたのかもしれない



嘘のようなホントの話し



ホントのような嘘の話し







あの時の私は、何を求めていたのだろう





唯、単純に"愛されたかった"




だけど、いつも手に取る選択は



間違いの選択ばかりだった







"たられば"は、誰にでも存在する




16歳の私


17歳の私


18歳の私…ーーーに聞きたいのは。









後悔していますか?





*話しの中で、飲酒、喫煙、未成年での水商売等ありますが、法律で禁止されています。


気分を悪くするようであればスルーしてください。


*このお話しは、何年も前から描きたいと思っては描いて、消して、描いてを繰り返してきたお話しです。

まだまだ途中で挫折したりを繰り返していますが、公開してしまえば諦めずに描けるかなと思い公開する事に決めました。


暖かく見守ってください🙇‍♀️🍀