高校3年生の"みいな" 彼女の人生は幸せなものではなかった。ただ、愛されたかった。誰かに必要として欲しかった。そんな彼女の物語。