運命の人と出会うとき、人はその相手に光をみる。
暗闇に生きる自分には眩しすぎる光。
その光を守るためなら、どんなことをされても構わない。
その光を守るためなら、どんなことをしても構わない。

※少々、暴力表現あり