「その子、おれのオンナ」
───そんな一言から始まった同居生活(期限付き)

「……いかないで、きりくん」

ふわりと、よるの闇に溶けこんで
気づいたときには、もう、手遅れだ






瞬きも落とすひまもなく、墜ちてきた






画像タイトルを入力…







「そんな無防備だと、喰われるよ」




色のない瞳が細まって

ゆっくりと、かけられる





「……きりくんは、こわいね」




きみはがわたしにかけたのは



やさしい魔法なんかじゃない






はやく、わたしにかけた呪いをといて





nonsense magic

ナンセンス マジック