近江さん→150ページのシスター・ダリルの言葉のために、この物語は存在していると言っても過言ではない、重要なシーンです。共感して頂き、嬉しいです。