川に溺れた少女、鹿乃葉は目を覚ますと「九駕峯 深霞」の身体になっていた。
非現実的な状況に戸惑う中、四人の青年が駆け寄る。

鹿乃葉は深霞としてこのまま生きていくのか否か、また彼らは今の深霞を受け入れるのか、以前の深霞を取り戻そうとするのか悩み葛藤していく。

生きていれば...





「心の底から誰かを想ったり」



「我身を尽くそうとしたり」




「繋ぎ留めようと苦しみ」



「受け入れながら」




「寄り添い」



「見守る」





時がきっと来る___。