それとも俺が狂っていたのか。眠る理由も、起きる理由も、支配されていた。怯える対象が、外部から内部に変わる。肌の外側にあった筈なのに、肌の内側に変わってしまった。

Q.別誂

 宇野先生はなにも悪くないよ。

 脳裏に過る幼い声が、正確かどうかは分からない。何千回、何万回と再生したせいで、補正が入っているかもしれない。