俺は推しという王子様を超える

作者ゆんゆん

将来の夢は勇者、魔法使い、戦隊モノのレッド。そして、推しになることを夢みる。男子高校生のサクセスストーリー。

将来の夢は勇者、魔法使い、戦隊モノのレッド。




そして、推し――…。




2.5次元俳優、羽柴大夢が大好きな男子高校生の明光優斗(あけみつ ゆうと)は高校3年。

ゲームにアニメ三昧な日々を送っていたら父親に進路のことを聞かれ、「羽柴大夢(はしば ひろむ)」と答えたら父親にお説教され、不貞腐れていたところ姉のめいに俳優オーディションの話をされ、受けに行くことにした。

 2か月後無事に合格を果たし、そして、人気コメディマンガが原作の舞台「魔法の国の王子様」(通称・まほプリ)のオーディションを受けにいき、こちらも無事合格を果たしたが、出演キャストに羽柴大夢の名前があった。