家族4人での、ささやかな幸せを感じながら日々を過ごす主人公の朝陽。
ある日、忘れ物を届けようと車を運転中に事故に遭い、植物人間になってしまう。

突然の出来事に、家族は戸惑い絶望する。
そんな家族の元をある医師がおとづれ、こう言った。
『このまま奇跡を信じて待ち続けるよりも、僕達と一緒に奇跡を起こ…

画像タイトルを入力…《《%color:#222222|もしも願いが叶うなら》


家族4人での、ささやかな幸せを感じながら日々を過ごす主人公の朝陽。

ある日、忘れ物を届けようと車を運転中に事故に遭い、植物人間になってしまう。


突然の出来事に、家族は戸惑い絶望する。

そんな家族の元をある医師がおとづれ、こう言った。

『このまま奇跡を信じて待ち続けるよりも、僕達と一緒に奇跡を起こしてみませんか?』

医師からの提案は、家族の願いそのものだった。


グレーの世界の中心で音と光を失い立ち尽くしていた朝陽。

突然、名前を呼ばれた気がして振り返ると…。目の前に広がるのは、晴れ渡った真っ青な海だった。

戸惑う朝陽に不思議な声が聞こえる。


『ウチニ、カエロウ』


不思議な声に導かれながら、記憶を取り戻していく朝陽。優しい家族との幸せに溢れた毎日を過ごす中で日常を取り戻していく。


だがある日、ふと疑問が不安となり頭をよぎる。この日常って、本物なのかな?何かが違うような…。

その不安が日に日に大きくなっていく、

そして決心した朝陽は1人で海に来ていた。


そして、不思議な声の主に想いを語りかける。


声の主は、真実を朝陽に告げる。


全てを理解した朝陽は涙を流す。


そして、朝陽の世界は姿を変える。