刹那を産む闇夜。

北条 氏康の息子である三郎は
上杉謙信の元へ講話の印として
向かいました。

人質でございました。

しかし妻や子と引き離され
人生を悔やむ彼に謙信は自らの養子に
なることを求め姪と結婚させましたが…。

謙信の急死を受け跡継ぎ争いのため
勃発した内乱「御舘の乱」では数々の…



刹那を産む闇夜。


北条 氏康の息子である三郎は

上杉謙信の元へ講話の印として

向かいました。


人質でございました。


しかし妻や子と引き離され

人生を悔やむ彼に謙信は自らの養子に

なることを求め姪と結婚させましたが…。


謙信の急死を受け跡継ぎ争いのため

勃発した内乱「御舘の乱」では数々の

悲劇が起こりました。


三郎以外にも御舘の乱の影響で死を

選ぶ事になってしまった悲劇の姫も

おります…。その名は悠良姫…。


彼女は享年19歳。若すぎる死でございました。


※この小説は史実を参考に作者が考えて

書いたオリジナルのフィクションです。※