北条氏康の息子は上杉謙信の元へ人質として出されました。

自らの人生を悔やむ彼に謙信は自らの養子として生きる道しるべを指し示しました。

※この小説は史実を参考に作者が考えて書いたオリジナルのフィクションです。※



刹那を産む闇夜。


北条 氏康の息子は上杉謙信の元へ

講話の印として人質として向かいました。


人生を悔やむ彼に謙信は自らの養子に

なることを求めました。


※この小説は史実を参考に作者が考えて

書いたオリジナルのフィクションです。※