稀人オークと三十路の乙女

作者しらす

恋人と別れて3年、30歳の誕生日を一人で迎えた雪江の前に、
その日突然現れた10歳下の巨漢のオーク。
ザグルという名の彼は、雪江の苦手なファンタジー世界の住人で、
稀人(まれびと)と呼ばれる不思議な存在だった。

成り行きからザグルと一緒に生活することになった雪江は、
ポジティブ且つどこかずれてい…

君が現れた。突然に。そして世界は変わり始めた。

止まっていた時間が動き出し、

知らなかった過去も、投げ出していた未来も変わり始める。