高校二年の須賀隼人はあの夢を見てから頭の中をうごめく得体の知れない何かに悩んでいた。
彼女が隼人の中に残したものは何なのか?
答えを求めて隼人は中学まで過ごした街へと向かったのだが...。