死んだ父 司郎が、少年 竜斗として目の前に現れた。
主人公の康司は、その父から思いもよらぬ依頼を受ける。
その依頼とは、司郎のせいで崩壊しかけている竜斗家族を救う事だった!

人生は一度きりだからこそ、意義がある!そう信じている司郎に、2度目の人生のチャンスが舞い込んだ。
あり得ない機会に葛藤する…