この夢が終わったら、また君に逢いにいく

作者文月 優

コミック原作大賞エンタメ・ドラマ部門エントリー作品

【ストーリー概要および物語の設定】



 主人公のカヨは、ある日を境に同じ日の夢を何度も見るようになる。

 初めの頃は目を覚ますと内容は大して覚えていないが、回数を重ねる毎に記憶の量は増えていき、やがてこれは夢なのか現実なのかが分からなくなっていく。


 夢で見る内容は共通だった。

 9月26日、靴紐が切れ、見知らぬ怪しい人物が登場し、そして――最後にはいつも悲劇が待っていた。


 夢か現実か。なぜ同じ日を何度も繰り返すのか。

 カヨが見たその結末とは——。