8年前の高校時代に亡くなった望月結羽。そのお墓参りで彼女の母に久々に再会した斎木清太は、結羽からの手紙を受け取る。そこに書かれた彼女の想いと、清太に蘇る記憶。その二つが重なった時、記憶の世界は現実の世界と不思議な形で繋がり始める。しかし、残された時間は僅かだけ。その不思議な世界の中で、結羽とその家…

画像タイトルを入力…