悪女と蔑まれ宣告された婚約破棄から始まる、七人の王子との逢瀬物語。

作者itiri

両親からさえ『出来損ない』と呼ばれた令嬢、リプカ・エルゴールは暗い日々を送っていた。
婚約者のハーレヴァンは、一顧傾城にして無類の才女として名を馳せるリプカの妹、フランシスを事あるごとに引き合いに出し、リプカを冷たく蔑む。
冷え切った関係の末に宣告されたのは婚約破棄。リプカは理不尽な宣告に顔を腫ら…