神の遣いと言われる、幻の白い鴉。その鴉は、「資質ある者」の前にのみ姿を現し、その者の願いを何でも一つ叶えるという。
その噂を知った主人公・吉太(きちた)は、吉太の父・源吉(げんきち)を事故で失ってから精神を病んでしまった母・千(せん)に、父にもう一度会わせるために白い鴉を探す旅に出る。無事、白い鴉…