2次元しか愛せないお嬢様は恋が出来ますか?

作者朽木昴

黒川伊吹は暗がりの公園で独り泣いていた。誰も迎えに来る訳でもなく、ただブランコで独り寂しく・・・。そんな伊吹に1人の少女が話しかけてきた。
少女は泣いている伊吹に、白い絹のハンカチで涙を拭き優しく声を掛けてきた。そして、泣いている理由を伊吹に尋ねたのだった。
少女の名は白鳥恵美。白鳥財閥の一人娘で…

 伊吹、恵美、奈紀の三人が繰りなす恋物語。二次元に恋をしてしまった恵美は、本当の自分に気がつけるのか。一方、同じ趣味を持つ奈紀は、伊吹に少しずつ惹かれていく。奈紀と伊吹が親密になるにつれ、恵美の心境に変化が現れる。果たして、三人の恋の行方は・・・・・・。