ヒロインなんかじゃないっ!

作者春登あき

  • コメント
  • スタンプ
  • しおり

■ストーリー概要および物語の設定


 侯爵令嬢フィーネ・クラインは、16歳になった日、幼い頃から度々見ていた夢の世界が前世の記憶であること、そして自分が乙女ゲームのヒロインに転生したことに気づく。

 乙女ゲームといえば、イケメンの攻略対象たちに囲まれキャッキャウフフ……と思いきや、その作品はレーティング高め、ヒロインが高確率で酷い目に遭う衝撃作だったのだ。


「わたくし、このままだと王子殿下たちからの拷問&調教コースまっしぐらでなくて……!?」


 シナリオ通りの悲惨な未来を避けるため、攻略対象から全力で逃げようとするフィーネ。

 しかし、攻略対象たちの中には、ゲームとは違う動きをする人物もいて、一筋縄ではいかない。


 最初はシナリオの展開に怯え、攻略対象たちから逃げ回ることばかり考えていたフィーネだが、彼らと交流するうちに少しずつ、実際の彼らと向き合い、変化していく。


 シナリオでは未知の展開が多々繰り広げられる現実の中で、フィーネはより多くの人にとっての最良の結果を目指し、ゲームとは違う結末を掴み取るのだった。