就活に苦戦し、目指していた分野とはまるで違う介護施設に就職することになった美咲(みさき)
働きながら資格を取得する契約も、初めてのことに困惑するばかり。
そんな時、家族も全く訪れず、誰とも話すことがない、死期の迫った一人の老人の居室掃除担当になったことから、不思議な出来事が次々に起こり…

就活に苦戦し、目指していた分野とはまるで違う介護施設に就職することになった橘美咲たちばなみさき

彼女が、死期の迫った一人の老人、穂積隆三ほづみりゅうぞうの居室掃除担当になったことから、不思議な出来事が次々に起こり始める。

話すことも出来なかったはずの穂積は、彼女が掃除で訪れる時間だけ覚醒するようになり、二人は話すうち心を通わせていく。

一方、過干渉の母から逃げ出すように一人暮らしを始めていた美咲の元に、幼馴染みの冬馬が現れ、親たちが美咲と冬馬の結婚を画策していると告げる。冬馬は美咲に想いを寄せていた。

にわかに騒がしくなる美咲の人生

穂積との時間が、美咲の癒しとなり始めた頃、死期を悟った穂積から最後の願いを託される。

その願いを叶えるため、単身奈良へ。そこで、美咲は過去世の記憶を呼び覚まされる。穂積と美咲は、蘇我入鹿に攻められ滅亡した聖徳太子の一族で、過去世兄弟であり、夫婦だったのだ。全てを思い出した美咲は、穂積を看取る為、帰京を急ぐのだった。


この作品は「芹摘の娘」をコミック原作化したものです。

https://maho.jp/my/works/15591074771453338178