優美な死骸【完】

作者高野 麦

才能しか持たないソーダさんは、退屈そうに口笛を吹く。「離してあげないそのかわり、いっしょにしんであげるから」最悪の愛からは、死と虚無の匂いがした。