魔洞と呼ばれる広大な地下迷宮がある。その第一階層には街があり、多くの冒険者達が訪れていた。そこに足を踏み入れたのはビショップのエルフ娘エルザ。ギルド商会に登録を済ませ真っ暗な街を散策する……




秘密の地下迷宮



▶ストーリー概要および物語の設定


 その広大な地下迷宮は魔洞(まどう)と呼ばれていた。誰が何の目的で建造したのかを記された書物などは一切なく、唯一昔話があるだけだ。



幼い王女様と魔法使いは仲良しでした


王女様はよくお城を抜け出して魔法使いに会いに行きました


ある日、王女様は帰ってきませんでした


怒った王様は魔法使いを捕えて処刑してしまいました


死の間際、魔法使いは王様に言いました


『王女様は魔洞の中で迷子になっている』


王様は兵隊を集めて魔洞を捜させました


でも、王女様は見つかりませんでした


その数年後、王国は滅亡しました



 現在この地を治める領主はおらず、ギルド商会と寺院が実権を握っている。だが街は地上にはなく、魔洞まどうの第一階層にある。


 <ここが魔洞……えーっと、酒場の場所は……よし!>


 魔洞第一階層の酒場に向かうエルフ娘のエルザ。中級冒険者ですら命を落とす下層部へ向かおうとする彼女だが……

 甘い腐乱臭が漂うダンジョンホラーファンタジー!