最強犯罪組織であり、裏社会を牛耳る存在である「鳳凰」。

鳳凰を頂点まで登り詰めさせた王である彼女は今日も王の家臣に愛される。

ボス、愛されすぎ注意です。







後に伝説として謳われ、裏社会を牛耳る最強犯罪組織「鳳凰」がそこにはいた。




首領といい、ボスといい、そこにいた部下たちからの敬愛を一身に受けていた鳳凰の頂上にはある一人の女が立っていた。






彼女の名前は 苅谷 羽依







圧倒的なカリスマ性とその女とは言えぬ程の力で「鳳凰」を裏社会のてっぺんまで登りつめた伝説を作りあげた。







この話はそんな彼女と彼女を愛してやまない部下たちの話である。








※性描写、暴力描写アリです。





誤字脱字などあると思いますが、少しずつ訂正するのでスルーしてください。

尚、場合によって少し言葉を変えることもあるので、再度読まれる際に違和感を感じてもスルーしていただけると有難いです。