転生先で『勇者(のこりもの)』を選択したら先に来ていた姉が『魔王(ラスボス)』になっていた件について。【シナリオのみ】

作者葦永青

いささか思春期が過ぎる不良高校生・黒崎十河にはお節介な姉・黒崎衿栖がいた。両親が幼い頃に亡くなっているせいで、親代わりとしていつも面倒を見てくる姉。それにうんざりしていた頃、通り魔に姉が刺されて殺されてしまう。姉を助けようとした弟も通り魔に刺されてしまい、目が覚めたら、なんと異世界に飛ばされていた…

いささか思春期が過ぎる不良高校生・黒崎十河にはお節介な姉・黒崎衿栖がいた。両親が幼い頃に亡くなっているせいで、親代わりとしていつも面倒を見てくる姉。それにうんざりしていた頃、通り魔に姉が刺されて殺されてしまう。姉を助けようとした弟も通り魔に刺されてしまい、目が覚めたら、なんと異世界に飛ばされていた。


渋々『勇者』の選択を突き付けられた十河だったが、クエストクリアの報酬が『なんでも願いが叶うひとつのこと』だと聞き、元の世界に帰るために勇者のクエスト『魔王討伐』をすることを決意。しかし、その討伐相手の魔王に就いていたのは先に転生を済ませていた姉・衿栖だということを知り……。


元の世界には戻りたいが、倒す相手が姉ということはつまり、姉か現実世界か二つに一つの選択をしなくてはならない。反抗的な態度を取っていた十河だったが、姉のいない現実世界は考えられないと衿栖を説得しようとする。だが、衿栖にもまたクエストがあり……。


現世では気づいてもあげられなかった姉の心の内を知りながら、どうにか仲間たちと協力して、本当の悪と対峙していくそんな異世界ファンタジー。