戦国時代、九州に咲いた大輪の華

立花ぎん千代。

34歳の若さで世を去った彼女だったが夫宗茂は再婚もせず彼女だけを想い続けた。

※この小説は史実を参考に作者が考えたオリジナルのフィクションです。※



九州に咲いた大輪の華。


立花ぎん千代。


彼女は34歳の若さで世を去ったが

彼女を誰よりも愛した夫宗茂は再婚せず

養子を迎えて立花の家を存続させた。


誰よりも愛した人のために…。


※この小説は史実を参考に作者が考えたオリジナルのフィクションです。※