緑色の青春

作者KK.

高校生の紅羽旬。東大受験に失敗した兄が自殺し、兄を溺愛していた母は憔悴している。
旬は頭の悪い自分を嫌う母に認めてもらうため、部活を休み東大進学に向け苦手な勉強に励む。