さようならのその先を

作者星崎 宵瑠

「さようなら」


その言葉の続きは、察してほしい。








彼女の発する別れの言葉の意味は、僕には重すぎる。


それでも…