君に、はじめましてと言える日を。

作者りりか

…夢を見た。

知らない人に襲われていた少女を助けた、見知らぬ少年。

少女・つむぎは明るく元気で容姿端麗なお嬢様。
少年・セイは気さくで面白い高身長イケメン。

そんなふたりが出会ったのは…夢の中。

夢の中でしか会えない。

ふたりは毎晩夢で会う度に、お互いに惹かれていく。

けれどふたり…

…好きだよ。大好きだよ。



でもこの恋は叶わない。



だって私たち、夢の中でしか会えないもの。



私たちを"運命"が邪魔するもの。




…それでも君に会いたいの。



運命に逆らってでも、君に会えるならなんだってしたい。



君に会えることをずっと夢見て。




私は諦めずに前に突き進むから。




そう、誓った…。