蝶々はとある島で下宿屋・徒然荘を営みながら、スクールカウンセラーとして進学校に勤めていた。
 徒然荘の住人たちは、それぞれに問題を抱えていた。
 常に終わりの恐怖に囚われ、なかなか前に進めない楪羽、役者の仕事に挫折した寧々、愛に飢える役者の総司、ジェンダーに迷うよる。
 春、新たにいじめのトラウ…