明治横濱警察部の名探偵

作者三沢ケイ

ときは明治三十年。横濱警察部刑事課の刑事である立浪裕也には二十一世紀の記憶がある。かつて立浪は無類のミステリー小説&サスペンスドラマファンだった。ところがブラック企業に務めたのが運の尽き、若くして過労死した。そのため、生まれ変わった今世ではずっと憧れていた探偵に近い、刑事となったのだ。
一方、立浪…