没落令嬢の溺愛遊戯 ~月光の糸は愛を紡ぐ~

作者ヴィルヘルミナ

没落寸前の子爵家から買われるようにして侯爵家に嫁いだものの、夫の目的は私の侍女を夜の妻にすることだった。
諦めの中でも糸を紡ぎ、布を織り、妻としての体裁を整える日々の中、王命で出席した舞踏会で初恋の少年と同じ髪色をした外国の王子に声を掛けられる。
徐々に夫の態度が軟化して、未来の幸せの予感に包まれ…