ストーリー概要および物語の設定


雨の放課後。廊下で栞を拾った鈴城は、そばにあった文芸部のドアを開ける。暗い部屋にいたのは、同じクラスの藍沢だった。

いざお喋りを始めると、藍沢は大の百合漫画好き。圧倒される鈴城が部屋の電気を点けると、部室の本棚は百合漫画でいっぱい。せまる藍沢に手刀が飛び、先輩の瑠璃川は顔を出すのだった。