ストーリー概要および物語の設定

繁華街の片隅にひっそりと佇む古びたビル。その一室には完全会員制の裏カジノがあった。訪れる人間は決まって上流階級の人間だけ。彼らの理性と欲望を巧みに操るのは、胡散臭い笑みを常に貼り付けた若いディーラー。どんな事情を抱えていようが一歩足を踏み入れるとそこでは常識も正論も法律さえも何の意味も持たない。全てのルールが"彼"で、"彼"こそがルール。今夜も平然と最低なジャイアニズムを吐くその男は、人間の性を嘲笑う。


元小説の作品URL

https://maho.jp/works/15591074771453223596