ストーリー概要


 少子化がグローバルイシューに盛り込まれた近未来。海外の人間科学研究チーム「ASTRO」はハーフの子どもの出生率が「純潔種」より大幅に高いことを発表。日本では蔓延した少子高齢化の深刻化を抑制するため、同国に限らず異国民と交配し「混血種」を増やすことで少子化を減少する取り組みが行われ、その数はおよそ国内の2/3を占めていた。


 台湾と日本の混血種であるイリアは高校一年生。過去に自分を暴漢から救ってくれた少年・シグマに陶酔する日々を送る中、転校生の男子生徒が取り囲まれている場面を目撃する。その少年こそ、過去にイリアの窮地を救ったシグマだった。


 純血民が希少種とみなされる現代では血種差別が後を絶たず、純血種であったシグマもまた差別の格好の餌食だったのだ。仲裁に入るも敢え無く取り押さえられてしまうイリアを救出する、シグマ。そこにいたのは、突如として根明かつお調子者へと変貌を遂げた「ノエル」の姿だった。


 同じ頃、研究所が近年混血種は子(し)の出生率を高めると同時に、母体が過度なストレスに晒される事で血が独立し意識を持って宿主を乗っ取る危険性があることを発表。「ハブ化」と名付けられた現象が瞬く間に世間を震撼させる中、ハブ化した後も唯一血の暴徒化をコントロール出来るノエルと混血種を根絶させる唯一の手がかり“Silky Blood”を探し求め立ち上がるが…?


 シグマは純血種ではなかったのか、暴徒化した人類の未来は、そして“Silky Blood”とは?「目障り。失せろ」「こっちおいでよかわい子ちゃん」二重人格系ヒーロー×正義感強めヒロインの「血種」アクションストーリー