まずい飯が食べたくて

作者森園ことり

有名料理店を辞めて、叔父が営む居酒屋を手伝いはじめた新(25)。気のおけない会話と飾り気のない居酒屋飯。想いを寄せられたり、思わぬ人に心惹かれたり……。彼が選ぶ居場所、そして恋とは?