ずっと、おまえが好きだった。

作者水月つゆ

小学生のときにからかわれたことで苦手になった男の子がいた。その子は突然親の仕事の都合で転校してしまう。そんな彼と、なんと高校で再会してしまう!だけど彼は、あの頃の男の子とは違っていて…?クールなわりには優しくて。「早く俺を、好きになれ」なんて甘い言葉を囁かれて、苦手だったきみにドキドキしてしまう……



意地悪なきみが、苦手だった。



だから私はいつもきみの前では

俯いてばかりだった気がする。


それなのに──



「俺、おまえのこと好きなんだ」



真っ直ぐな瞳が、私を捉える。


そんなこと言われても

ただ、困るだけのはずなのに。



「俺、絶対に諦めないから」



そんなふうに言って……


どうせまた、私のことをからかって

面白がってるだけなんでしょ?


そう、思っているのに



「早く俺を、好きになれ」



苦手だったはずの、きみに

なぜか私はドキドキしてしまう。