武田勝頼は武田信玄の四男でしたが
土壇場での判断ミスが続きとうとう
天目山の山頂で長きに渡る武田家の
栄華はここで潰えたのでした。

※この小説は史実を参考に作者が考えたフィクションです。※