うちのオリキャラが制御不能で困ってます

作者滝吉ぴこり

ストーリー概要および物語の設定


 高校2年のカナは、とある少女のオリキャラを理想的な人間像として描いてきたが、最近は彼女に遠く及ばない自分に虚しさを覚えはじめていた。しかし、カナが密かに想いを寄せていた純也がイラストを見て賞賛の声を漏らしたことで、彼女の日常は一変する。カナはキャラを「イデア」と名づけ、そのイラストを通して彼と親しくなっていった。

 そんなある日、イデアそっくりの転校生が現れ、カナの「いとこ」として同居することになる。イデア本人だと語る彼女は、カナが無意識に世の中の様々な理想を詰め込んだ結果、極端で多重人格的な性格になっていた。

 カナは彼女に振り回されつつも、他者のために一歩踏み出し、自分を見つめ直し、ファッションデザインに挑戦し、少しずつ成長していく。他方で、イデアは「生命」を持ったカナに憧れ、人間世界の何気ない日常を愛おしく思っていた。

 1つの魂を分有することで存在していた2人は、やがてどちらか一方に生を譲ることになる。カナはイデアの正体が、理想の枠を超えていく「夢」であることに気づく。前を向き始めたカナと、生命を得たいと望むイデア。一歩も譲らない2人は意思をぶつけ合う。