ストーリー概要および物語の設定



今(2021年)から、30~50年ほど前の、1970~1990年代が舞台。

中学2年生・アサヒは、クラスでイジメをうけている。最初は軽い嫌がらせのようなものだったが、どんどんエスカレートしていく中で、信頼していた親友に裏切られたことが引き金になって、アサヒは自殺することを決心する。

歩道橋を飛び越えようとした時、大人っぽくて、会ったこともないスケバン、京香に止められる。それがきっかけで、京香と行動を共にするようになり、アサヒもいつしかスケバンになる。しかし、京香と一緒に過ごす時間は、長くは続かなかった。

アサヒは、親の転勤により、引っ越すことになる。

引っ越した先で、ミヤコという同じ歳の女子に出会い、ミヤコの勘違いから生まれた『白姫』というチームに加入することになる。