幼い頃、事故で右目を大きく損傷。その後遺症で、写真の中に入り込むことのできる特殊能力”DIVE”を発症した写真館の若店主・百目見張。

今日も彼のもとに「訳ありの写真」が持ち込まれる。依頼人たちのアクセスしたい過去、そしてそこに眠る真実はーー。

【ストーリー概要および物語の設定】


 京都の路地裏にひっそりと佇む百目写真館。その写真館の若店主・百目見張は、写真の中に入り込むことができるという特殊能力を持っていた。


 ある日、「自分の母を病死に追いやった父を殺してほしい」と懇願する大学生、夢野うつつが家族写真を持ってやって来る。うつつのただならぬ気配を感じた百目は、「父親殺しにはそれなりの依頼金が必要。お金が貯まるまで助手にならないか」と提案。


 その提案を受けたうつつと百目が2人で協力し、さまざまな依頼人が持ち込む「訳ありの写真」にまつわる謎や事件を解き明かしていく、日常の謎を扱ったバディ×ミステリー。