死ンデレラ 〜コロされて叶うロマンス〜

作者羽木遼人

 死にたがっていた女子高生・灰島レイラは死神を名乗るクラスメイトの男子・志賀シュウタに自分を殺してくれるようお願いする。自分で何度自殺を試みても死ねない彼女を、人間の体を借りて地上に来ている死神なら殺れるらしい。
 シュウタに命を狙われて、これで死ねるはずが……彼は死への旅立ちに美学を追求する芸術…

■ストーリー概要および物語の設定


 死にたがっていた女子高生・灰島レイラは死神を名乗るクラスメイトの男子・志賀シュウタに自分を殺してくれるようお願いする。自分で何度自殺を試みても死ねない彼女を、人間の体を借りて地上に来ている死神なら殺れるらしい。

 シュウタに命を狙われて、これで死ねるはずが……彼は死への旅立ちに美学を追求する芸術家かぶれのめんどくさい仮免許の死神だった。


 レイラはすぐ殺してほしいのに、シュウタはもっと劇的なシチュエーションの死に方じゃないとダメだとギリギリで助けてしまう。

 彼女にふさわしい死への旅を提供できないシュウタ。それはレイラと一緒に長くいたいからだと気づいていく。

 でも、死神は仮免中に二人殺さないと消滅する運命にあった。誰も殺せないシュウタは消えてしまうかも……レイラはいつしか彼のために死を望むように――。


 人間と死神、二人が一緒に生きる術はないのか?


 現代的なブラックコメディだけれどおとぎ話のようにロマンチック。

 未熟な死神に「死んでッ、レイラ!」と彼女へ言ってあげてほしくなる、そんな笑いと感動を生む“死のシンデレラ・ストーリー”。