俺はここに宣言する(本編加筆修正中)

作者はいじ

「ここはどこ、俺は誰」

そう呟いた新谷楽は、別に記憶喪失でもなんでもなかった。

彼は、大学受験を推薦入試で現役合格するという目的の為、生徒会選挙に満を持して出馬した、すこし阿呆の17歳である。
そもそも立候補者が彼しか居なかった選挙は、当たり前だが圧勝に終わり、彼は晴れて生徒会長となった。