自分の人生をうまく生きられない人。全部ぐっと飲み込んでしまう人。悩みを聞いてくれる場所がありますよ。あなたが女なら〈夜這星〉へ行きなさい。男なら回れ右。ここは、女による女のためのなんでも相談所〈夜這星〉。

画像タイトルを入力…


 主人公の町田浩一は「物事はすべて必然である」と考え生きて来た。その方が楽だったからだ。幼い頃に絵画コンクールで優勝し、絵の才能があると思い込み美大に進学したが、そこで知り合った森谷という男の絵に実力の差を見せつけられる。上には上がいると絵の道を諦め、地域密着情報誌を作る小さな会社へ就職。二年が経っていた。


 そんなある日、浩一は妙な夢を見る。趣のある古民家。庭にある椿の木の下に小判が埋まっている、という日本昔話のような夢だった。その翌日、いつも通り出勤すると勤め先の社長が逮捕される現場に居合わせてしまった。愕然としていると、目の前を通り過ぎたのは最近入社してきた謎の美女。なぜだか彼女が気になり、あとをつけると夢で見た古民家にたどり着く。そこは女のためのお悩み相談処〈夜這星〉。店主の鈴音は相談だけなら金は取らず、報復を願う場合は相談者の大切な思い出の一日の記憶をもらい請け負っていた。


 美しすぎる女店主鈴音と浩一は、女の恋の悩みに立ち向かう!


 ちょっぴりホラー?×恋愛×あやかしファンタジー!