ママ友いじめをされた私はどこまで復讐していいのでしょうか?

作者雪乃しずく

結婚8年目の38歳主婦、真理子(私)。5歳の娘(ひまり)と、同い年の夫(悟)の3人暮らしです。
私が住んでいる地域は教育熱心でお金持ちが多く、ちょっとしたことでママ友格差を感じます。
そんな中、娘の通う幼稚園のランチ会を断ったことが原因でボスママ(由香里)に目を付けられ、いじめられるようになりまし…

▶ストーリー概要および物語の設定

結婚8年目の38歳主婦、真理子(私)。5歳の娘(ひまり)と、同い年の夫(悟)の3人暮らしです。

私が住んでいる地域は教育熱心でお金持ちが多く、ちょっとしたことでママ友格差を感じます。

そんな中、娘の通う幼稚園のランチ会を断ったことが原因でボスママ(由香里)に目を付けられ、いじめられるようになりました。

もともと負けず嫌いな私です。「ボスママのいじめLINEのスクショを保存してSNSに間違って投下する」「ボスママのSNSをパトロールして学歴詐称を見破り、うっかり暴露する」「ボスママのフリマアプリのアカウントを割り出して、ブランドバッグや洋服は全て中古だったことを悪気無くママ友との会話に取り入れる」「ボスママの旦那さんの会社の人に、いじめを受けていることを相談(暴露)する」など、ちょこっとずつ復讐をしています。

最近は復讐が楽しくなってきた自分をヤバいと感じています。私はこのまま復讐を続けてもいいのでしょうか?どこまでがセーフでどこまでがアウトか迷っています。

※エッセイ形式のフィクションです。



▶(小説作品のコミック原作化の場合)元小説の作品URL

なし