生まれて間もなく、貴族家である母方の伯父家族に預けられ、のびのびと育ったアレクシア。だが、時代に縛られずに生きる彼女は、いとこたちから嫉妬によって忌避されていた。
「何か、満足いくものがあるかもしれない。私にしかできないことがあるかもしれない。私のやりたいことが叶う場所があるかもしれない」
そんな…