社畜と推しと花束と ~転生社畜、推しになることを決意する~

作者二葉ゆきつ

<あらすじ>
 橋本コノカは社会人。社畜として扱き使われ心身共に限界の日々…そんな彼女は、ある日事故に巻き込まれ死んでしまう!死の間際、強く想ったある人の姿、それは彼女が唯一の生き甲斐にしていた小説『RG―ロイヤルギルティ―』のキャラクターで――
 忌み子として疎まれていた王子、通称「ハール黒太子…

  • コメント
  • スタンプ
  • しおり1