夕闇に沈むあの部屋に、光る海はさざめいて

作者如月 兎

 真っ暗な雨がフロントガラスをたたいている。そのままへばりついた水滴は、ヘッドライトの明かりを浴びて、おどろおどろしく光る。
 とし子はワイパーを忙しげに動かし、それらを振り払いながら、帰路を急いだ。
今日も、雨だ。


※この作品は「カクヨム」、「小説家になろう」にも掲載しています。