沈黙を破る時Ⅲ 〔奇縁篇〕

作者月宮冬雪

行方知れずだった筈の銀のシガレットケース。それを湊は、何故か自宅の台所で見つけた。信じ難い事実に動揺しながらも、湊は両親に話を聞き出そうと奮闘する。
やがて混沌に満ちた彼に明かされる、ある衝撃の事実とは・・・・・・


壮大な「思い出」の幕が今、上がる。









【注意】
この作品はフィ…





『過去と未来の違いはなに?』




『“あなたに出会う前と出会った後”』




『・・・・・気障な人ね』