有栖綾瞳は幼なじみの朱宮雅織から監禁されていた。2人で過ごすうちに綾瞳は雅織を求め、雅織は綾瞳を求めるようになる。
そうした2人が育んだものとは、歪んだ愛の形なのだった。




幼なじみから私は

監禁されている。




「殺してしまいたいほどに

綾瞳が好きなんだ」




「絶対に逃がさないよ」




ねえ。




正しい“愛のカタチ“を

私たちに教えてください。




鬱くしき楽園