灯火が消えるまで。

作者緋山つき

余命宣告された少女の最期まで生きた証をここに。

大切な幼馴染みと親友たちと恋人と。過ごした人生は忘れない。

命を大切にってよくいわれる。


だけど





どうやって大切にするの?




というかそもそも




命を大切にってどういういみ?












大好きな君へ。









※この物語はフィクションです。実際の団体や人物とは一切関係ありません。


※作品への誹謗中傷はお辞めください。